感謝の恩返しスペシャル企画 朗読劇「半沢直樹」トークショー 2020.09.13ソワレ

2日間限定で行われた感謝の恩返しスペシャル企画 朗読劇「半沢直樹」。朗読が終わった後にトークショーが開かれました。

※朗読劇感想レポはコチラ↓

※9月12日ソワレ・13日マチネのトークショーレポはコチラ↓

今回は9月13日ソワレの公演後に行われたトークについて少しレポしたいと思います。

トークショー参加者:尾上松也、賀来賢人、南野陽子、土田英生

座り順は下手から、松也くん、南野さん、賀来くん、土田さん。

スポンサーリンク

Q1.朗読劇を終えての感想は?

松也くん

4公演全てで皆勤賞でやらせていただきました。無事にすべて終えられたことにホッとしてます。やっと楽しいと思える時に終わるのがちょっと寂しいです。

南野さん

ドラマが終わった後にこの話がきたので、また美幸を演じられることが本当に嬉しかったです。皆さんの前で演じられてよかったです。

賀来くん

緊張で喉がカサカサですw。でも尾上君のサポートがあったので楽しくやれましたし、とても貴重な経験ができました。

土田さん

昼公演では噛んでしまったので反省したのですが、最後の最後で噛んでしまったのだけが心残りでした(南野さんがちょいちょいツッコミ入れまくってたのが面白かったw)。

スポンサーリンク

Q2.美幸が森山に書類を投げた時、顔面に当たったのは痛くなかった?

この質問が読まれた直後、隣に座っていた賀来くんに向かって南野さんが申し訳なさそうに頭を下げて謝罪してて、それを見た賀来くんが「そんな謝らないでください!」とアセアセしてたのが可愛かったですww。

あの場面、テストでは全くヒットしなかったそうなのですが(最初は胸をめがけてという指示があったらしい)、本番になったらいきなり紙の束が突然顔にヒットしてきたので「本当にびっくりした時の表情のが流れました」とのことww。でも、かえってもろに当たったほうが痛くなかったそうです。

でも、南野さんは自分の投げつけた紙で賀来くんの頬が切れるんじゃないかと内心はものすごく冷や冷やしたんだとか。あ~、確かにその危険もあったよね。カットがかかった後謝ったら「本当に痛くなかったですから」と言われてホッとしたそうですが、「あの時は本当にすみませんでした」と南野さん、再度賀来くんに謝罪してました。

ちなみに、投げるシーンについて南野さんは「私、デビューの時からよく投げてたんでww。久々だったけど腕はなまってなかった」とコメント(笑)。ヨーヨー投げてタンカ切るあの作品をにおわすコメントが笑えましたwww。

スポンサーリンク

Q3.共演した感想、撮影して印象に残ったことは?

松也くんは賀来くんと共演するのが初めてだったそうですが、「最初からナチュラルに入れた」とかなりやりやすかったと語ってました。お互いに半沢出演が初めてだったのでとても心強かったそう。「ヒール役は重鎮の方が多かったので、爽やかなフレッシュな空気があって楽しかった」というコメントには笑ったww。

賀来くんは撮影前に香川さんと食事に行く機会があったそうなのですが(ぴったんこロケじゃなくて)、その時に「おまえ、松也に似てるな!」と言われたんだとか。以前から松也くんに似てると言われることが多かったこともあり、同級生親友役になった時は驚いたんだとか。本読みの時のファーストコンタクトもしっくりしていてやりやすかったようです。

「どこが似てると思いますか?」という質問に対して二人とも「うーーん」と考えこんじゃって。お互いに似てると言われることが多いらしいのですが、具体的にはこの時は思いつかなかったようでした。
すると土田さんが「二人とも好青年ってところじゃないですか?」と挟んできたのですが、それに対して松也くんは「それはちょっと間違いです」と苦笑いする松也くんが面白かったw。

南野さんの土田さんの印象は「ドラマでは怖いイメージでしたが、実はものすごく明るい方でよくしゃべられてました」とww。電脳の社長室はすべてセットだったそうですが、土田さんはそれを見ながら「すごいねぇ!!」と何度も話しかけてきたと。今回も台本を書いてもらえてとても感謝してるとコメント。

土田さんは南野さんは「80年代アイドルで僕の青春だった」とのことで最初は話しかけるのがとても緊張したそうなw。たしかに、年代的には南野さんはすごい眩しい存在ですよね。南野さんの顔色をうかがいながら少しずつ近づいていったらしい(笑)。
夫婦のシーンは5日間だけしかなかったとのことですが(社長室セットは2日間)、最終的には仲良くなれてよかったと。

ちなみに、美幸が抱きつくシーンは初日撮影だったらしいのですが、土田さんは色っぽいシーンを想定してマウスウォッシュまでしてたそうな(笑)。それが抱きつくだけだったので「全然意味がなかった」とかなり残念そうにしてましたww。撮影の時には相当緊張したらしいですw。

スポンサーリンク

Q4.(賀来くんへ)森山を演じるにあたって気を付けたことは?

姿勢をちゃんとすることを気を付けたとのこと。そのために姿勢矯正教室にも通ったんだとか!堺さんはものすごく姿勢いいですからね~。猫背気味の自分が変わったし背も伸びたそう。
矯正方法は、体をほぐした後に正しいフォームで3歩歩くと真っ直ぐになっていくらしい。自粛中もずっと実践していたそうですよ。

半沢の熱量に対しては、堺さんの現場の居方にはものすごく影響を受けたので吸収しようと必死だったと。堺さんからは時々芝居のテクニックの教授もあってとても良い現場だったようです。
松也くんは「堺さんが良ると現場がピリっとしたり和んだりしててとても不思議な感覚だった」と評してました。色んな意味で堺雅人は完璧な座長なんだなと思いました。

Q5.今まで演じた中で一番好きなセリフやシーンは?

土田さんはスパイラルの外国人会長の名前を言うセリフがあった場面だそう。ところがそれはオンエアならずww。その名前を言うシーンが個人的にかなり気に入ってたらしい(笑)。

南野さんは「説明する必要ありますのん?」という関西弁の言い方がお気に入りだそう。

松也くんは剣道場で半沢と森山と結束を固めたシーンが「チーム感があって心強かった」そう。瀬名はけっこう孤独を感じることが多かったのでなおさらそう思えたようです。その撮影は再開されてすぐの頃だったので「その喜びもあった」と語ってました。

賀来くんは「瀬名から引き抜きされるシーン」だそう。森山はそれを断るわけですが、本心では「行く」という言葉が出そうになってたらしい(笑)。あと、半沢のことを途中から「次長」と言わなければいけないのがどうしても「部長」と言ってしまったのが印象的だったそうです。

スポンサーリンク

Q6.もし半沢のスピンオフを作るとしたら誰を主人公にしたいですか?

松也くんは「広重です!!銀之丞さんをイジり倒したい!!」と真っ先に答えてましたww。とにかく広重がやられるシーンが最高に大好きということで、今回朗読劇も一緒にやってますますもっと銀之丞さんと演じたい気持ちが高まったそうな。「広重というより、銀之丞さんをイジり倒したい!!」と最後に言うほど、松也くん、銀之丞大好きなんだね(笑)。

南野さんは「選べないので全員やったらいいと思います」とのこと。

賀来くんは「角田さんが演じた三木が面白いと思う」と。ビビり方が絶妙だと大絶賛でした。たしかに朗読劇でも最高に面白かったもんな~。
このあと「同じお笑い芸人として児嶋さんの演技はどう思いますか?」という質問を突然投げかけられた賀来くん、「素晴らしいと思います」としか言いようがなさげw。でも芸人さんは芝居が上手いので頑張らないとと思うようです。

土田さんは「敢えて言うなら美幸かな」と。なぜあそこまで性格がねじ曲がったのかという、幼いころからのエピソードが見たいそう。ちなみに、南野さんは一正との出会いは「ダイヤル●2のようなところで知り合ったんじゃないか」と考えているらしい(笑)。

すると突然松也くんが「今気づいたことがあるんですが」と切り出してきて、何のことかと思ったら…

「賀来くんと似てるところがどこかと思ってたら、毛量じゃないですか!?」

とwwww。これには賀来くんも「それだ!!!」と大納得(笑)。すると南野さんが「第5話では毛量のないお二人が出てきましたよね」とぶっこんできてwww。それって、山西さんと八十田さんのシーンのことですよね(笑)。

最後に一言ずつ。

松也くん

合わせる時間が少なくて不安もありましたが、無事にお客様に見てもらえてよかったと思います。

南野さん

すごいドラマに出演させていただいて本当に良かったと思ってます。朗読劇も応援していただきありがとうございました。

賀来くん

たくさんの方に『半沢直樹』を愛してもらえてるのも嬉しいし、そんな作品に参加できていることがありがたいと思います。最後まで見届けてください。

土田さん

『半沢直樹』から色々な世界が広がって、生の朗読劇としてお客さんの前で演じられたことがとても嬉しかったです。

そして一番最後にドラマの宣伝を任された賀来くんw。急に振られてなんて言っていいのかわからずドモりまくってる賀来くんを見た松也くんは「分るよ!余計なこと言うと怒られちゃうしね」とフォロー。さすが似た同士兄弟のような二人w。最後は

「見てください!」

ってことでトークショー終了でした。どの公演も本当に楽しかったです。皆様、ありがとうございました。