ドラマ『ガラスの仮面 スペシャル ~完結編~』感想レポ -2-

こちらの記事は「ガラスの仮面スペシャル~完結編」感想レポその1の続きになります。

いよいよ月影先生による『紅天女』が披露される時が来ました。メインメンバーが集まるなか(紫織さんは呼ばれてませんww)、源造さんの打つ鼓の音が静寂な空間に響き渡ります。
この源造さんの鼓ですが、メイキングを見ると音はほとんど鳴ってませんでしたので、あとから効果音を入れたものと思われますw。最初からあの音は出せないでしょうからね。

鼓の音に導かれるように、梅の木の舞台上に能面を被り”紅天女”に扮した月影先生が現れる。その神秘的な姿にマヤは思わず息を飲み釘付けとなりました。

以下の感想・ツッコミは大いにネタバレありまくりwです。ご注意を。

パート2の全感想レポ

おすすめ
ガラスの仮面
ガラスの仮面
ドラマ『ガラスの仮面』再放送に併せての雑感・ツッコミ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ『ガラスの仮面 スペシャル』完結編 -2-

1999年09月30日(木)19:58~21:54 テレビ朝日系にて放送
※クランクインは1999年09月1日(水)

原作:美内すずえ

脚本:野依美幸

テーマソング:B’z「Calling」

主なキャスト

安達祐実(北島マヤ)、田辺誠一(速水真澄)、中村愛美(姫川亜弓)、小橋賢児(桜小路優)、佐伯伽耶(鷹宮紫織)、戸川京子(水城冴子)、六平直政(小林源造)、佐戸井けん太(小野寺一)、羽場裕一(黒沼龍三)、かとうかずこ(姫川歌子)、野際陽子(月影千草)ほか


鼓を打つ源造の迫力あるナレーション(?)で物語は進行していきます。実質的に月影千草の一人芝居という形にアレンジした上演といった感じですね。

紅天女の姿から阿古夜の姿で現れたシーン、天女の時の神々しさとは違い、可愛らしい少女の動きがまた目を惹きます。このあたりの演じ分けはさすがです、月影千草。その阿古夜のセリフの中に「恋」を語るシーンが出てくる。あれは、パート2の最終章で真澄への想いに戸惑うマヤに対して月影先生が告げたセリフの一説ですね。

「おまえがお婆の言う、もう一つの魂の片割れだと。年も姿も身分もなく、出会えば互いにひかれあい、もう半分の自分を求めてやまぬという。早く一つになりたくて、狂おしいほど相手の魂を乞うると。それが、恋じゃと」

このくだりのとき、梅の木を挟んでマヤと真澄の表情が並んで映されていました。これは明らかに、阿古夜と一真との恋愛の場面を、マヤと真澄の関係とリンクさせた演出だったなぁと。この時点で二人ともかなりお互いを意識してたし、「相手の魂を乞う」てましたからね。
そういう意味では、『紅天女』の恋物語はマヤと真澄の恋物語と重なり合う部分が非常に多い気がします。

そして物語が進み、クライマックスに差し掛かった時…月影先生の体調が突然悪化。能面の下からは血の流れる跡のようなものまで見えていたので…これはいよいよ本当に危険な状態ではないのかとさすがに心配になりました(汗)。
マヤたちも異変に気が付いて思わず目を見張ってしまうのですが…「一蓮…。私に力を…、最後の力を…!!」と月影先生が祈るように念じると、なんと不思議なことに突然体調が回復!!!しかも、全く跡を残さずに血の気配まで消してしまっていた(汗)。いったい何の奇術www!???やっぱり只者ではない不死身の人、月影千草w。

「まこと紅千年の命の花を今、開かん!!」

最後の気力を振り絞り、ラストシーンで見事な消え技を披露。そのあまりにも幻想的な光景に誰もが息を飲んでいました。速水さんも目を丸くして内心興奮状態みたいになってましたね。彼の心にも大きく響いていたようです。

このラストシーンに特に感銘を受けていたのが小野寺さんと黒沼さんの両演出家。「幻か?」と衝撃を受ける黒沼さんに対し、「幻…そうかもしれん…」と呟く小野寺さん。初めて二人の意見が一致してたんじゃないww!?

っていうか、羽場さんと佐戸井さんのコラボがなんかすごく嬉しかった場面でもありました(遊眠社出身繋がり)。

あまりにも断片的過ぎるシーンの連続だったので、ドラマを見てるほうにはどんな物語なのかほとんどわからないまま終わってしまいましたが(笑)あの場にいた人たちはとても感動していたようなのでそれでいいんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

楽屋に戻った月影先生はまさに瀕死の状態(汗)。紅天女の面の上には血がポタポタと流れ落ちていて…ちょっとホラー的な映像に(汗)。完全燃焼状態に陥った月影先生は「一蓮…!これでやっと、私はあなたの元に行ける!」ともはや死を悟ったような言葉を口にして今にも意識を失いそう。
今度こそ、もうお迎えが来てしまうのではないかと危惧したのですが…その時、源造が客席に向かって挨拶をと呼びにやって来る。中で倒れている月影先生を目撃した源造は「舞台はまだ終わっていません!!あの拍手を、拍手をお聞きください!!」と必死に声をかける。すると…

シャキーーーン!!!!月影千草の命のスイッチが再びオンになりました(驚)www!!っていうか、あの目力・・・とても寸前まで瀕死の状態だった人とは思えませんw。月影千草…やっぱり不死身の人だ(驚)ww。

それにしても、このシーンの時もかなり虫に悩まされたと思われます。始まりの時よりもさらに増えて、月影先生、けっこうな数の虫に囲まれておりました(笑)。

そして熱烈な拍手を贈るマヤたち観客のカーテンコールに応えるべく、月影先生は毅然とした姿で舞台の上に立ちます。その圧倒的な存在感と気高さはさすが大女優!野際陽子さんの熱演が素晴らしい。そんな彼女の姿を、幕の影から「千草…」と泣きそうになりながら英介さんは見つめているのでした。あれはあれでやっぱりちょっと可哀そうだったかなw。

拍手を贈るオーディエンスを前に、月影先生はこれが自分が演じる最後の『紅天女』であることを告げる。そして、紅天女の恋物語が自分と愛する一蓮との物語であったことも…。

「阿古夜のセリフは私の心の言葉となりました。恋とは相手の魂を乞うること、一蓮は私の魂の片割れでございました」

この「魂の片割れ」という言葉に、マヤと真澄は思わず胸を熱くさせます。今まさに恋心花盛りな二人ですからw、あの言葉にはお互い響くものを感じていたに違いない。

「今でも一蓮は私と共にいます、おそらく私がこの世を去るまで…」と切々と一蓮への愛を語り尽くした月影先生は「紅天女を後に遺していきたい」と告げ、源造から渡されたノミを受け取ると…恐ろしい形相で紅天女の能面を真っ二つに分断!!
いや~~~、あれはかなりのスゴ技ですぜww!!あんな奇麗に、しかも美しい二等分になんて素人ではとても割れないww。月影先生の新しい才能を目の当たりにしました(笑)。

月影先生が紅天女の面を割ってしまったことに一同は驚愕して言葉を失います。そんななか、彼女は静かにマヤと亜弓を呼び寄せる。

「これからはあなた方が新しい紅天女の仮面を付けていくのです。亜弓さん、あなたはあなたの仮面を」

それぞれに割れた片方ずつの紅天女の仮面を受け取った二人は、改めてその責任感と重責、そして演じることへの意欲を燃やしていく。彼女たちなりの新しい『紅天女』を演じてほしいという月影先生の切なる想いが込められた緊迫感のあるいいシーンでした。

月影先生の『紅天女』の場面はかなり時間をかけて撮影していて、待機時間も長く役者さんたちにとっては相当疲労がたまった過酷なものになっていたようでした。そんななか、野際さんが場を和ませるために素顔で「今開かん!」ってすごいお茶目なリアクションしたりしてみんなを笑わせたりしてて可愛かったな~。田辺さんの静かなる笑いがけっこうツボww。

夜の撮影が始まったのは午後8時とのことでしたが、月影先生が集まった人に向かって挨拶するシーンを撮り始めたのは午前3時!この時間帯にマヤと亜弓が面を受け取るシーンを撮って…すべてが終わったのが空も明るくなってきた午前4時45分!!

皆様本当にお疲れさまでした!ちなみにこの撮影も美内先生は見学なさってて「これからの紅天女の参考になりました」と笑っていらっしゃいましたw。あれからもう21年よ…はよ、つづきを…(汗)。

スポンサーリンク

翌朝、マヤは川辺で月影先生から託された紅天女の片面を見つめながら「魂の片割れ」について思いを巡らせていました。

「私にもいるのかなぁ…そんな人…」

いるよ!!いるじゃないの!!!早く気が付いてーーー!!と心の中で叫んだその時、第二のニュース速報文字「自●党三役は●×▼氏、×●■氏、▼×■氏で決定」がなだれ込んできました(苦笑)。なぜここで!!!それ、あとで知ったところで何の問題もないからーー!!と当時何度心の中で叫んだことか(苦笑)。

そんな時、マヤがふと視線を上げると向こう岸に立つ真澄の姿が目に映る。ちょうどこのタイミングで「ニュース速報終」の文字が出てホッとしたのも束の間…二人が川を挟んで熱い視線で見つめ合っていると、再び全く同じニュース速報文字が挟まってきてしまった(汗)。

嘘だろーーー!!??なぜこのタイミングーーーーー!!!!これから完結編最大の超山場シーンだっていうのに、なにもここであの速報はないだろーーーー!!!

この心の叫びは21年経った今でも変わることはないですよ、ほんとに。よりによってなぜあのタイミング…としか言いようがない(苦笑)。だからこそ、再放送してほしいんだよなぁ。

マヤと真澄はお互いの姿を確認すると心の内側に何か抑えきれない感情が沸き起こってくるのを感じている様子。何かに導かれるように二人は同じタイミングで歩み出し、小川を渡り中央部分で見つめ合う。そしてその次の瞬間…

速水さんは優しくマヤに顔を近づけその唇にそっとキスを落とし、マヤもそれに応え彼の胸に抱かれるのです。

これ、原作では両者が突然素っ裸状態になって見つめ合い、宇宙をバックに抱き合うといった衝撃的な描写で描かれてたシーンなんですよねww。当時連載でそれを見たときあまりにも突然のふたりの真っ裸にビビッてちょっと目を逸らしてしまった記憶がwwww。まぁ、魂と魂の交わりという意味では何も纏っていない姿で抱き合うというのはアリかなと思うんですが、けっこう賛否両論あってちょっとした騒ぎになってたっけ(笑)。

しかし、さすがにドラマで素っ裸は無理ってことでww・・・でも、こんな素敵なシーンに仕上げてくれて、もう、感謝感激で胸に迫るものすら感じましたよ。田辺@速水さんのあのマヤをいたわるような優しくて温かいキスが超感動的だった。数々のドラマで色んなキスシーン見てきたけど、あの場面も未だに私の心の中では3本の指に確実に入るほど記憶に刻まれてます。

そんな涙が出るような素敵なシーンの間中、ずっと、政治編成のニュースがこびりついてたわけですからね…。出てくるタイミングがあまりにも悪すぎました。CMの時に流してくれよ!とすら思ったし。
ニュース速報消えたの、速水さんがマヤから唇を離す瞬間だったから、けっこうな時間出てたんだよねぇ…。再放送無理ならディスク化しておくれ、ほんとに!あの場面は絶対に何の邪魔も入らない状態で見たいのよーーー!!

小川の真ん中でお互いの体温を確かめ合うようにしっかりと抱き合うマヤと真澄。愛しそうに時間を惜しむように優しく…それでもしっかりとマヤを抱きしめる速水さんの姿に思わず胸が熱くなった…。
ところが次の瞬間、二人の体は互いをすり抜け…互いを振り返ったとたんに元の世界に戻ってしまった。つまりあのキスシーンは、二人の熱い想いが交わり合った瞬間に生まれた奇跡の幻想だったのです。

キスシーンは”水”の演技をした滝の下流のほうで撮影されたようです。シーンに入る前は祐実ちゃんもさすがにちょっと緊張した様子だったけど田辺さんは見た目はのほほんとしてたww。最初にすり抜けの単独カットを撮ってましたね。

放送前のメイキングだったのでキスをする瞬間はカメラは足元だけを映してネタバレ防止に努めてましたがww、見た人はあれで何が起こっていたのかは悟ったと思います(笑)。

抱きしめるシーンは放送では一瞬の出来事でしたが撮影では5秒くらい抱き合ってました。OK出た後は二人とも照れ笑いしててめっちゃ可愛かったですw。

戸惑いながら互いを見つめ合うマヤと真澄の間に言葉にならない戸惑いの空気が漂う…。その雰囲気を打ち破るように、真澄は「君の紅天女、楽しみにしてるよ!」とマヤに告げてその場を立ち去りました。

しかし、二人とも自分の体にたしかにお互いの温もりを感じたことを覚えていて大きく戸惑ってしまう。マヤは「速水さんが魂の片割れ!?」とより確信に近づき、真澄は「確かにあの子の温もりを感じたのに…幻!?」と動揺を隠せない。

このとき速水さんは「なんだったんだ今のは…」ってめっちゃ動揺してるんですが、社長室代わりに梅の木の下に場所が変わってるのが面白い。でも目を泳がせまくってる田辺さんの芝居は絶品で萌え要素満載なんですけどねw。

それにしても、幻とはいえマヤと真澄が両想い状態でキスをする場面を拝むことができるとは…感無量でございました!!原作では未だにそんなのまだ夢のまた夢状態ですから…なおさらそのありがたみが沁みます(笑)。攻めてくれてありがとう、(当時の)テレビ朝日!

スポンサーリンク

その日の夜、マヤは布団に横たわる月影先生に寄り添っているのですが…亜弓さんの気配はなし。もしかしたら先に東京へ帰ってしまったのかもw。それにしても月影先生、白い装束で布団に横たわってるとなんか…あの世の人のよう(汗)。

マヤは月影先生に「魂の片割れって本当にあるんでしょうか?」と尋ねる。そんな彼女に対して「そんな相手に出会ったの?」と聞き返す月影先生はひたすら優しい。本編では厳しい顔ばかり見せてきたからなんだかちょっとホッとします。
マヤはまだ速水さんへの想いに悩んでいることを告げるのが恥ずかしいからか「そんなんじゃなくて…」と照れ笑いして誤魔化すのですが、そんな彼女に月影先生は

「もし出会ったのなら、勇気を出して一歩踏み出すこと。自分の運命を開くのは自分だけです!一番大切なのは、魂と魂が結ばれること。たとえ表面上の恋が実らなくても、魂が結ばれ共に生きる、その時初めて自分が何のために生きてきたかを知るんです、それが紅天女の恋…!」

と力強くアドバイスします。恋愛の悩みに関しては月影先生、ひたすら寛容ですよねw。その言葉に勇気をもらったマヤはある大きな決意をします。

一方、大都芸能に戻った真澄は月影先生の『紅天女』について水城さんから感想を求められ「素晴らしかったよ…!きっと、一生心に残るだろう」と感慨深げに答えていました。ずっと目を見開いて食い入るように、ときどき自分自身と重ねるかのようにして夢中になって見てたもんね。
そして窓の外に向いて『紅天女』への思いを馳せながら「神秘的な…美しい幻の谷…幻…」と呟いた時、彼の脳裏にあの光景がまざまざと蘇ってくる。小川の真ん中で、マヤと口づけをかわした幻影を見た時のことを…!

その記憶がよみがえった時、真澄は窓際から一歩も動けなくなってしまっていました。このシーンの時の田辺@速水さんの佇まいがめちゃめちゃカッコよくて思わず泣きそうになります…!もう、この際、定位置が窓際でも何でもいいwww。ただただ素敵なので(笑)。

紅梅村からの帰り道、マヤはただただ「速水さんに会いたい!」という想いで頭がいっぱいになっている。そんなになるまで速水さんのことを想ってくれてるなんて…ほんと感無量だわ。
そして月影先生から「勇気を持って一歩踏み出すこと」と言われた言葉を思い出し、意を決して真澄に会いに行くことを決意。畦道を走りながらマヤは「速水さんに伝えるのよ…!私の気持ちを…私の気持ち…!!!」と感情を高ぶらせていく。

ついに、ついにマヤちゃん、速水さんに想いを告白する日がくるのか!!!と見ているこちらもテンションが爆上がりしたところでCMへw。ということで続きは次のページにて。