NHK朝ドラ『エール』第55回感想(2020.06.12放送)遺言

これまでの『エール』感想レポ

エール
エール
2020年前期・朝の連続テレビ小説『エール』の視聴感想

今回はOPテーマ曲を入れず、タイトルのみでドラマがスタートしました。15分間をほぼフルに使って描きたい想いが込められていたように思います。

再び養蚕農家の畠山家を訪れた浩二は「見返すことができるなら誰でもよかった…」と胸の内を語り始める。音楽の才能のある兄に嫉妬して任された店を立て直そうと努力したものの、結局廃業に追い込んでしまったことが浩二の心を苦しめていたのです。それだけに、農家が苦しい今の福島の現状を今度こそ何とか自分の力で変えていきたいという想いから「リンゴ栽培」に舵を切らないかと提案してた…。成果を上げることで誰かに認めてほしいんだよね、自分のことを。

正直な自分の想いを告白してきた浩二に心を動かされた畠山は、「なかなかよく調べてあるじゃないか」と言いながらじっくり読みこんだ痕跡が残る浩二の企画書を見せる。そしてリンゴ農家への転身を受諾してくれました。
畠山からの信頼を自分の力で得ることができた浩二にやっと少し笑顔が戻りました。そんな彼を見て私もちょっとホッとしたな…。

小山家では音が裕一に頼まれていたハーモニカを買ってきて手渡していました。父のために何とか曲を吹きたいと思ったんだね。しかし、ハーモニカが手に入ったことを報告するために寝室へ入ると父の容態が急変。急ぎ医者を呼び鎮静剤で眠らせることができたものの、「このまま逝ってしまってもおかしくない」と宣告されてしまう。

役所から慌てて戻った浩二は父の容態を聞き、病気のことを話さなかったことを激しく後悔する。そんな弟に裕一は「父さん、知ってたよ…自分が長くないこと…」と告げます。

さらに、痛みを我慢するために自分の腕を噛んで耐えていたことも…。家族に心配を掛けまいとして、三郎さんは必死に一人で病と向き合ってきたのです(涙)。痛々しい三郎さんの腕の傷跡のシーンは本当に見てるこちらも辛かった…(涙)。
ショックを受けた母は涙し、浩二は動揺から意識のない父に「俺だます気だったのかって怒れよ!!何カッコつけてんだよ!!」と泣きながら抗議しまいます。

それから3日後、眠り続ける三郎の傍に座った裕一は「いつも僕の味方だったよね」と語り掛け、子供のころから父と過ごした愛しい時間を回想する。思い出されるのは、いつも笑顔で明るく裕一を元気づけてくれる優しい父の顔ばかりでした(涙)。

スポンサーリンク

涙ながらに「まだ僕全然恩返しできてない…。お願いだからさ…」と語り掛けた時、突然枕元から「だから…何だ?」という声が聞こえてきた。驚いた裕一に「化け物じゃねえぞ」ってニンマリするところが三郎さんらしい。こんな時でもユーモアを欠かさないのが素敵です。
慌てて家族を呼んだ裕一の声に、まさや浩二、音も寝室へ駆けつけました。音は医者を呼びに行こうとしますが、三郎はそれを制止し「浩二と二人きりにしてくれないか」と願い出ます。

浩二と二人きりになった三郎は、これまでたくさん彼に苦労を掛けてしまったことを謝罪する。突然謝られた浩二は動揺。続けて「店継いでくれた時は腹の底からうれしかった」と告げられると「本当は兄ちゃんの方がよかったんだろ?」と皮肉を言ってしまう。
そして、三郎と裕一が音楽の話をしている時に自分は話に入っていけず嫉妬していたことを初めて父に告白する…。すると三郎は

「音楽があったからアイツと話ができたんだ。浩二とは何がなくても言たいこと言い合ってきたべ」

と言いながら笑うのでした。まぁ、言いたいこと言い合ってる時にちゃんと意思の疎通ができていたかどうかは微妙なところですがw、確かに三郎は不器用ながらも浩二と向き合おうとはしている節はありましたね。その話を聞いて少し安堵したかのように柔らかい表情になった浩二を見た三郎は、床から起き上がってこれからのことについて話始める。

「俺が死んだら、喪主はお前だ。喜多一を継いだやつがこの家の主だ、家長だ。この家も土地も全部お前が引き継げ。(裕一には)ちゃんと承諾取ったから。母さんのこと、頼んだぞ」

神社に裕一を呼び出して「承諾してほしいことがある」と言っていたのは、やはり浩二のことだったんですよね。この時代は特に、家の跡を継ぐということは非常に大きな意味を持っていたと思います。当然長男がそれを引き継ぐ資格があるとされてきた流れのなか、三郎は「俺は喜多一を継いでくれた浩二にやりたい、それぐらいしかあいつにしてやれることがないんだ!」と裕一に頭を下げて頼み込んでいました。

つまり、小山家を受け継ぐ権利を浩二に与えてやりたいと考えていたんですよね…。三郎もまた、ずっと浩二に心の負担を押し付けてきてしまったことを親として悔いていたんだと思います。

裕一はもともと音楽の道に進んだ時から福島の家とは縁を切る覚悟をしていたし、財産などについても執着がなかったこともあり「もちろんだよ」とすんなりOKしていました。でもそれ以上に、浩二に対する父の想いに心を打たれたというのが一番の承諾の理由だった気がします。

スポンサーリンク

父の本当の想いを知った浩二は涙を抑えることができず泣き崩れてしまう。「口約束ばっかし…だから騙されるんだよ」といつものように憎まれ口を叩いてしまいますが、「おまえは騙さない」という父の言葉に「長生きしないと何するか分からないぞ」と泣きながら訴える。そんな息子を見て三郎はおかしそうに笑うのでした…。

「笑い事じゃねえって!俺のことちゃんと見張ってろよ!もっと…、もっと長生きしてくれ!!生きてくれ……」

浩二はお父さんのこと、本当は大好きで・・・好きで、好きで仕方なかったんだよね(涙)。だから裕一と楽しそうに音楽談義している姿に、話題に入れなかった自分が悔しくて嫉妬してしまった。

きっと三郎さんもそんな浩二のもどかしい気持ちを察していたと思うのですが、ちゃんと真っ直ぐ向き合うことが今までできなかったんじゃないかな。
裕一とは音楽という共通の話題があったから意気投合することができていただけに、浩二とはそういう通い合うものがなかった分だけちゃんと「同じだけ愛してる」って伝えられなかったと思うよ…。不器用な人だったからね。

長生きしてほしいと泣き崩れる浩二に、三郎は優しくその頭を撫でながら「おめぇ、良い奴だな」と微笑むのでした(涙)。このシーンはもう、朝、昼と見て両方とも大号泣だった…(泣)。

そんな二人のやり取りを、裕一は障子の向こうの縁側で静かに聞いていました。そして、神社で父と最後に語り合った時のことを思い出します。

三郎は裕一にも最期の言葉を遺していました…。

「お前たちのおかげで、 いい人生だった。ありがとな…」

涙ぐみながら感謝の言葉を告げる三郎に、裕一はあふれる感情を抑えきることができず泣きました…。そんな息子の頭を、三郎は優しく抱き寄せます。このシーンも美しくて切なくて泣いた(涙)。

父との思い出を胸に、裕一は障子の向こうで買ってきたばかりのハーモニカを吹きます。

それは、裕一がハーモニカの演奏会の時に作曲した曲でした。あのとき、三郎さんは涙を流しながら拍手してたよね…。

その日の夜、三郎は静かに天国へと旅立っていきました…(涙)。

スポンサーリンク

葬儀も終わった後、裕一と音は東京へと戻ることに。別れ際の玄関でまさは「いつでも帰って来てね」と微笑みます。そして雪が降り始めた時…浩二は少し言いづらそうにしながらも「兄ちゃん…、俺りんごやるんだ。旨いの出来たら送るよ…」と告げました。まだ気恥ずかしい気持ちはあるだろうけど、兄との関係を修復したいという気持ちがその言葉の中に込められていました。
裕一もそんな浩二の気持ちを察していたようで「ありがとう、浩二。元気でな」と笑顔を浮かべるのでした。きっともう、この兄弟は大丈夫でしょう。

最後の最後に浩二が父の本当の想いを知ることができて本当に良かったよ。ちゃんと愛されてたんだって実感が持てて嬉しかったと思う。できればこうなるより前に、そういう想いを伝えてたらもっとよかったんだけど…人間って、いざという時にしか伝えられないことってあるからね。伝わっただけでも良かったなって思います。

東京へ帰る前に裕一と音は茂兵衛の元を訪れます。どうやら茂兵衛さんはお花だけ贈って葬儀には参列しなかったようですが「どうせあの世で会えるから」という言葉にすべての想いが詰まっていたように感じました。
顔を合わせるといつも大喧嘩に発展してしまっていた三郎と茂兵衛でしたが、お互いに本気で嫌っていたわけじゃなかったような気がします。茂兵衛さんは三郎さんの葬儀へ行くことが寂しくて耐えられなかったのかもしれません…。

裕一は自分の不義理のせいで茂兵衛を裏切るような真似をしてしまったことも謝ります。が、茂兵衛は今熱中している陶芸をずっとやりたいと思っていたことを告げます。好きなことに熱中することに理解を示してくれたのです。

「好きなことだけで飯食えるやつなんて一握りだ。せいぜい気張ってかみさんと子供に苦労かけるんじゃないぞ」

厳しくも温かいエールの言葉をかける茂兵衛さんの言葉がジーンと胸に響きました。そして帰り際、二人のために作ったという「夫婦茶碗」をプレゼントする。でも、どちらがどっちの茶碗か分からずに混乱する裕一たちw。そんな彼らに「見れば分かっぺ!」とツッコミ入れる茂兵衛さんが可愛かったです。

エンドロールはラストシーンのところで流してましたね。ということで、これで第1部が終了ということかな。
次週はスピンオフ的なストーリーが展開されるそうです。『スカーレット』の時のスピンオフは正直面白くなくてテンションがた落ちしてたんですが(汗)、今回はどうだろう。まぁ、本筋からは離れるっぽいので色んな意見はくるとは思うけど。ちなみに個人的には双浦環さんのサイドストーリーに期待しています。あと、久しぶりの岩城さんも。

なんだかんだで第12週も期待してます。