NHK朝ドラ『おかえりモネ』第90話ネタバレ感想 記者として

今週の展開は大型台風がくるという緊迫した内容だったので、百音と菅波先生のLOVEな展開はちょっと足踏み状態で終わってしまいました(汗)。先週の金曜日はまさかのモネからの飛びつきハグでめっちゃテンション上がったんですけどねぇww。

しかし、来週はけっこう「肝」となるシーンがどどっと来そうだし、何よりあさイチプレミアムトークには坂口健太郎くんゲスト決まってますから、色々と期待したいと思います。

それにしても、本当にこのドラマと現実世界の気象はリンクすることが多い。ちょうど今週、本当に本州横断の猛烈台風が接近中(9/17現在。我が岡山も夜間から危険な状況になりそう)ですからねぇ(汗)。今週の展開を見ながら、実際にテレビの向こう側でドラマと同じように緊迫感溢れたやり取りが行われているのかもしれないなと想いを馳せたりしました。被害が大きくならないことを祈るのみ。

これまでの『おかえりモネ』感想レポ

おかえりモネ
おかえりモネ
2021年度前期NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の感想レビュー
スポンサーリンク

正直、台風情報の緊迫した様子のバックヤードについては…ドラマとしては個人的にあまり興味がなくて(汗)。いや、すごく大切なことだし大変そうだなっていうのは分かるのですが、ドラマというよりもドキュメンタリー的な緊迫感を追求した感じで”楽しむ”という類の感情はない。ただ事実を追いかけているようで、人間ドラマに物足りなさを感じてしまうのです。
なので、「へぇ、大変なんだな」っていうことは感じても、面白みは正直感じられないんですよね。あくまでも個人的意見ですが。

このドラマ、登米編の時からちょいちょいそういった物足りなさを随所に感じてしまうのがちょっと残念。それから、仕事中の百音の発声がやっぱり小さすぎるのが気になる(苦笑)。テレビ局出入りする仕事して3年も経ってるんだから、もうすこし声張るというか自信みたいなのが出てもいいような気がするんだよねぇ…。
それだけに、菅モネのシーンはものすごくドラマチックに見えて盛り上がってしまうのかもしれません(笑)。二人の穏やかだけど心が繋がってるって感じられるやり取りはすごく好き。

さて、一番の推しキャラの菅波先生がちょっと不足していた第18週ではありましたがw・・・もう一人の推しキャラである玉置玲央くん演じる社会部記者の沢渡公平が第90回にしてついに注目されることに!!これまであまりにも勿体ない顔見世程度の登場が続いていたので、ようやくスポットが当たったのは嬉しかったです。

沢渡さんは莉子ちゃん推しなのかなってこれまでうっすら予想してたんだけど、今回の高村デスクとのシーンを見たらちょっと分からなくなりました(笑)。でも、沢渡さん的には現役時代の高村さんを知ってるわけで、お互い気心知れた先輩後輩みたいな関係なのかなとも思ったり。

スポンサーリンク

川の水が越水したという情報をいち早く出さなければならない時、伝える側の莉子やマモちゃんが部屋着状態ですぐにカメラの前に立てる姿ではなかったシーン。マモちゃんのパンダTシャツはめっちゃ可愛かったけどww。
高村さんは「10分で水位がどれだけ上がるか分かってるでしょ!?一刻を争うのよ!!」と若い彼らを叱咤する。いつもクールに仕事をしてきた高村デスクですが、その仕事ぶりには実はとても熱い想いやプライドがあるんだなというのが垣間見えた。いつも冷静さを失わない仕事っぷりですが、ちゃんとテレビの向こう側にいる人たちの安心や安全を考えて行動してる。そんな姿が見れたのは嬉しかった。

誰もカメラに立てる人がいなくて窮地に陥った時、声をかけたのが沢渡さんでした。

「だったら早くスタジオ行けばいいじゃないですか。まんま、バッチリですよ!」

表舞台から遠ざかっていた高村さんの裏方での仕事っぷりを一番理解していたのは彼だったんじゃないかなと思うと、なんだかすごく胸アツでした。きっと、彼女の悔しい気持ちとかいろいろ感じ取っていたのかもしれない。沢渡さんの言葉だったからこそ、高村さんはカメラの前に立つことができたのかもしれないなと。

裏方の仕事にあっても常にビシっとしたスーツとピンヒールを履いていた高村デスク。仕事への真摯な姿勢、そしてプライドがあったからこそでしょう。久しぶりにカメラの前に立つ凛とした姿は、もしかしたら表舞台に出ていた時よりも輝いていたかもしれません。

ようやく危機から脱した時、これまでのデータを検証する莉子たち若い部下たちを見つめて胸を熱くしていた高村デスク。その横に沢渡さんがやって来て「デスクにもそんなとこあるんですね」とちょっとからかう。そんなラフな会話ができるのも彼だからでしょう。あの力の抜け具合がなんだかカッコいいんだよねぇ。

これからは気象の重要性が極めて高まると予測している高村さん。そんな彼女に沢渡さんは「以前は気象は地味だから興味がなかった」と本音を打ち明けました。そのうえで今の想いを告げる。

「今は違うんですよ。これ、直接人の生活に関ってるだろうって。記者として気象、極める道もあるんじゃないかとかけっこう真剣に考えてて、自分でも驚きます」

最後に「ニッチなとこ攻め手ったほうが生き残れるから」とチャカしたことを言っていましたが、それもなんだか沢渡さんらしい。彼はちょっとユルイ印象もあるんだけど、実はしっかりとした信念を持ってる人だと思うんですよね。「気象の仕事が人の生活に関わっている」と告げた言葉は特に印象深かった。きっと彼は、人が好きなんだろうな。ちゃんと人の気持ちに沿った仕事をしているに違いない。
ドラマ的にはあまり活躍できる場が設けられないんだけど、スピンオフか何かでスポットライトを当ててみたらとても興味深い一面が見られるかもしれない。

来週からいよいよ舞台が東京から宮城へ戻りそうなので、沢渡さんにスポットあたるのは今回が最後かなぁ。惜しいよーー!!玉置玲央くんは「麒麟がくる」でもすごく良い味出してたし、今注目の役者さん。個人的には、若き日の間宮祥太朗くんを目覚めさせた恩人という視点でも見てるw。
出来ればもう一度、沢渡記者の見せ場があるといいなと思います。

新しく発表されたポスタービジュアルがとても爽やかで可愛い。期待してます。

タイトルとURLをコピーしました