香川県の絶景 -高屋神社にある天空の鳥居-

先日NHKの四国限定番組を見ていたら、元サッカー日本代表選手の前園真聖さんが自転車で四国の名所を巡っていて。そのうち香川県の旅の中で紹介されていたある場所がとても気になったので、粟島を訪れた帰りに立ち寄ってみました。

※粟島レポはこちら↓

それが、高屋神社の本宮にある「天空の鳥居」です。素晴らしい絶景を見ることができたので、少しご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

香川県の絶景 -高屋神社にある天空の鳥居-
(2019年12月1日訪問)

高屋神社は本宮が香川県観音寺市の稲積山(標高404メートル)の頂上にあります。この天空の鳥居に辿り着くまでには、徒歩か途中まで車で行くかの2択になります。

徒歩だとおよそ50分かかるようですが、かなりハードな道のりらしいのでそれなりの心づもりをしたほうがいいかもしれません。ただ、登っていくなかで様々な景色に出会うことができるという利点もありそうなので、体力と時間に余裕のある人は徒歩で訪れるほうが楽しめるのではないかと思います。

※徒歩で登る場合のアクセスは以下のサイト参照↓

私たちはこの日突然思い立ったので(笑)車ルートで行くことにしました。

※車ルートの詳しい生き方は以下のサイト参照↓

最近ちょっと有名になってきたからか、駐車場近くの山道からすこし渋滞していました。かなり狭い山道を通るので運転には十分な注意が必要です。

<アクセス>

スポンサーリンク

駐車場に着いてからすぐに本宮…というわけではありません。

そこから約150メートルの坂道を上がっていくことになるのですが…これがけっこうな急坂で、下から見るとのようにそびえて見えるほどです(汗)。日も暮れてきた時間帯だったので途中まで早歩きで登り始めたのですが…100メートル手前あたりで激しい息切れ(運動不足ともいうww)。体力にちょっと自信がない方はそのつもりで頑張って登ってください。ゆっくりマイペースで登るほうがいいかも。

坂を上り切った先に高屋神社本宮の広場が見えてきます。まずは神社境内へ入りお参りしてきました。

スポンサーリンク

そしていよいよ「天空の鳥居」とのご対面です。陽がかなり傾いてきた頃の訪問だったので、幻想的な美しい光景を見ることができました。

到着したばかりの頃には人もまばらでしたが、撮影を始めたタイミングでかなり多くの人が集まってきてにぎやかな鳥居の風景となりました。

鳥居からは観音寺市内と夕暮れ時の美しい瀬戸内海の景色が一望できます。本当に息をのむような美しさでした…!

ここは本当に香川県自慢の場所というだけのことはあります。機会があればぜひ一度訪れてみてください。

※隣の三豊市出身の俳優・要潤さんも訪れているようです↓。推してるね、香川県!

絵になるけん、うどん県
香川県には、瀬戸内海の島々など自然豊かな景色やマリンスポーツ等のアクティビティ、そして今年開催されている瀬戸内国際芸術祭などのアートの魅力も贅沢に揃っています。そのような、絵に描いても写真に収めても美しくて楽しい、「自然」と「アート」が楽しめる「絵になる」香川県の魅力を発信します。

ちなみに、観音寺市のもう一つの有名スポットが銭形砂絵です。

美しい瀬戸内海の風景と砂絵とのコラボが楽しめます。こちらもぜひ。