NHK朝ドラ『なつぞら』第54回感想(2019.06.01放送)天丼

咲太郎と一緒に暮らすことになったなつはさっそく部屋を案内される。今回は何となく散らばってる雰囲気で、急いで亜矢美さんが片づけてたのがウケたww。ってことは、この前は奇跡的にまぁまぁちゃんとしてたってことか(笑)。

で、もう一つ部屋があるということで案内されたのが亜矢美の衣装部屋。まぁ~~~・・・よくぞこんなに揃えられたなってくらい派手なやつがいっぱいぶら下がってるよw。もともと踊り子さんだからね。
なつは最初はその衣裳部屋を整理してもらって住む予定だったようですが、咲太郎が「俺はどうせ寝に帰るだけだ」と言って広い方を譲ってくれることになりました。たしかに寝るだけで使う部屋だったら狭い方が勝手が良いかもね。

家賃は月1500円で話がついたようで。当時の金額としての価値はどうかわからないけど、たぶん亜矢美さんの厚意でかなり破格の値段にしてもらえてるような気がします。

新しい住家が決まったなつはマダムにこれまでのお礼を兼ねて報告します。「兄もお礼に来る予定だったけど」となつが言葉を濁すと即座に「いいわよ、来なくて!!」とムキになって否定するマダムww。
あまりにも必死になってるのでなつも「今は何もなくてよかったと…」と口を挟むのですが「昔からっっ!!」とピシャリww。この時はまだ咲太郎に気があるって言われることに抵抗しまくってるけど、次に会った時には意識しちゃうような気がするな~~(笑)。

そんななつに「しっかり自分を持って自分を支えていきなさいね」と優しくエールを送る光子マダムはやっぱり優しいよ。かつてあんな酷いこと言われたのに許してくれちゃったみたいだし、いつもこんなに気にしてくれて…やっぱり菩薩だわww。
いつもなつに嫌味を言って〆てくれていた野上さんも、実のところはなつがいなくなることがけっこう寂しいらしい。それでもそんな想いは絶対悟られたくないから笑ってごまかしてて…素直じゃないんだから~~。

だけど、マダムが「頑張ってね、なっちゃん」となつを初めて「なっちゃん」と呼んだ時に野上さんの涙腺が限界を迎えた様子。


目をウルウルさせてた野上さんに「泣いてる!?」ってツッコミ入れたマダムに対し、「ないてなーーい!」って誤魔化してたのがめちゃめちゃ可愛らしかった(笑)。結局野上さんも優しい人だったんだよね。

川村屋での最後の仕事を終えたあと、なつは厨房の仲間たちにも感謝の気持ちを伝えます。シェフの杉本さんはじめ、みんながなつを祝福。そんななかで雪次郎だけはちょっと元気がないように見えました。
たぶん、自分の夢に向かって一歩進みだしたなつが羨ましかったんじゃないのかな…。雪次郎は新劇にすごく興味を持っていたみたいだし、今後川村屋の修行が順調に行くのかちょっと心配になってきました。

スポンサーリンク

なつが引っ越してきた日の夜、風車は貸切状態にしてなつの就職祝いがささやかに開かれました。そこで腕を振るっていたのは咲太郎。料理人だった父が得意としていた「天丼」を再現して作ろうと張り切っていました。

「どこの店で天丼食べてもダメで、こうなったら自分で作った方が早いんじゃないかと思ってな」

っていうことで研究したのが凄いよ!よっぽどお父さんの作った天丼の味が忘れられなかったんだね~。「天ぷらは衣で決まるんだ」とかけっこう本格的に勉強したみたい。
「それで何者でもないのが不思議ですよね」って不意に口を突いて出た雪次郎の言葉のとおりだと思っちゃったよ。もしかしたらすごい大物になってたかもしれないのにね。

かつては父の跡を継いで料理人になるって決めていた咲太郎だけど、辛い経験を経て亜矢美と出会ってからはその目標が「ムーラン・ルージュを復活させる」というものに変わった。人生は本当に分からないものです。

そんな話をしていたら信哉が遅れて店にやってくる。


「なっちゃん、就職おめでとう!」と大きな花束を手にやってくるなんて…君は王子かww!!!いや~~、恋愛感情を感じさせずに(今のところはだけど)こういうことをサラっとやってのけるノブくんて、本当に紳士だと思うよ。なつ、愛され過ぎww。

信哉が来たことで咲太郎は「これで昔の家族がそろったな」と満足げでしたが、なつはまだ見つかっていない妹の千遥のことが気になっている様子。「探さないのか?」と尋ねる信哉に咲太郎は「探してどうするのか?幸せを壊すのか?」と答える。それ以上はなつも信哉も何も言えない。
それはそうなんだけど…もしかしたら咲太郎は千遥がどうしているのか知ることが怖いのかな…。

スポンサーリンク

いよいよ衣をつけた海老を油に投入!っていうタイミングになった時、偶然カスミとレミ子が風車にやってくる。
二人はこの日がなつの就職祝いで貸切になっていたことを知らなかったようで…、それを知った時のレミ子さんがめちゃめちゃ不機嫌そうな表情になってたのが面白かったww。たぶん彼女は、仕事のことを馬鹿にされたと思ったあの日からなつのことを良く思ってない…っていうか、嫌いだよねw。その気持ちわかるわ~~。あれは怒っていいやつよ。

「カスミ姉さん、私たち呼ばれてませんよ!!」って声をかけてくれなかった咲太郎にも不満を覚えている様子。たしか「私の操返して!」とか言ってたくらいだからww、そりゃ、呼ばれなかったことに関してはけっこうレミ子さん的にショックだったと思うわ(苦笑)。
だけど、咲太郎はそんなこと全く気付いてなくてww「遠慮しないで食べてってくださいよ~」と二人を招待する。最初は不機嫌そうなレミ子さんでしたが、それでちょっと機嫌回復したっぽいw!?

そしてついに咲太郎の天丼が完成!


ちょっと…!!クオリティが高すぎだろうーーーwww!!!

咲太郎、絵もあんな巧く描ける上に料理もこんな本格的に作ってしまうなんて…今の状況がホント勿体ないわ!!

しかも、衣の揚げ具合も絶妙っぽくてサクサク良い音たててみんな食べてる。美味しそうだったーー!!これ見て、堪らずこの日の夕方、天丼食べに行ってしまったのはここだけの話(笑)。

天丼を食べながら雪次郎は咲太郎に役者を目指さないのかと聞いてみる。めちゃめちゃ演劇に興味が傾いちゃってるじゃないのーー。修行、大丈夫かしら(汗)。
亜矢美やカスミもかつてはそっち方面を勧めたことがあるようですが、咲太郎は表に出ることはしようとしなかったようです。

「何か好きなんだよな、裏の仕事って。表に立ついい役者やいい芝居が見られると、それで満足しちゃうんだ」

派手で表舞台に立ちたいように見えるけど、実は裏で表の人を輝かせる仕事に生きがいを感じるタイプなんだね。でもやっぱり勿体ないって思っちゃうけど。こんなに才能あるのにねぇ…。
そんな兄に対して「私も同じ(裏方の仕事が好き)」と同調するなつ。え??そうなの??なんか今ひとつ説得力が…(苦笑)。まぁ、本人が言うんだからそうなんだろうけどw。

その話を聞きつつも夢中で咲太郎の天丼を食べ続けてるレミ子さんが可愛かった(笑)。

そしていよいよ、なつの東洋動画出社一日目がやってくる。


いつの間にか長くのばしていた髪の毛をバッサリ切ったのね。洋服は亜矢美さんのお下がりをもらっているようだけど…サイズ的に大丈夫だったのか!?ちょっと体型違うよね?そこは亜矢美さんがキッチリ仕立ててくれたんだろうかw。

それにしても、なんか急に都会ナイズドされた感じに変わっちゃって…そんな派手な格好で初日に出社して大丈夫なんだろうか(汗)。亜矢美さんチョイスだからけっこう心配だわ~~(笑)。来週早々波乱がありそうw。

 

照男役の清原翔くんの『なつぞら』写真集発売中。

清原翔 Visual Book in「なつぞら」 (カドカワエンタメムック)

ドラマガイドは絶賛発売中。

連続テレビ小説 なつぞら Part1 (NHKドラマ・ガイド) 

📺 記事が気に入ったらバナークリックしてくれると嬉しいです

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村