子宮筋腫の手術体験記 -腹腔鏡手術による子宮全摘- その③ 入院2日目(手術前日)

この記事は主に女性の方に向けた内容になっていますのでご注意ください。

体験記一覧

子宮筋腫入院体験記
子宮筋腫入院体験記

2022年2月、子宮筋腫が巨大化したため子宮全摘および卵管切除手術を受けることになりました。

入院2日目。朝は6時半に看護師さんが起こしにやってきました。普段の日曜日はちょっと寝坊した生活をしていたのでまだ頭がボンヤリ状態だったけれどw、とりあえずそこから目覚めることに。

起きてすぐ窓の外を見ると奇麗な朝日が浮かんでくるところでした。

ぽやぁっとしながらテレビを見ていると、7時半頃に朝食が来ました。手術前ということもあって消化の良さそうなラインナップ。

バターロールパン2個芋の煮物コーンスープ缶詰のミカン

朝食については事前にご飯かパンかを選べるようになっていたのがありがたかったです。うちでは毎朝パン系の食事なのでご飯よりもそちらの方が食べやすい。あと、牛乳単体が苦手だったので野菜ジュースに変えてもらいました。これがあるのでお茶は今回は飲まなかった(ガブガブになっちゃうし)。退院するときに持って帰ろうかな。

スポンサーリンク

食べ終わると看護師さんがやってきて検温と明日の手術のためのものをいくつか持ってきました。その中に、この入院生活の中で一番憂鬱だったあるものが…。

夕飯後に飲む「下剤」です(苦笑)。過去に数回大腸内視鏡をやったことがあるのですが、その時に泣きそうになりながら飲んだアレを思い出してしまう(汗汗)。とりあえず内視鏡の前処置よりかはマシらしいのですが、やっぱりこれを飲んだ後のことを考えると憂鬱になってしまいました。

その後しばらくして、担当医の先生が挨拶にやってきました。外来の時に診てもらった先生とは違う先生が担当。どうやら紹介状で指名された先生は基本的に外来と手術が専門らしい。かなーりお忙しい名医とのことなのでこれは致し方がない。
私としては手術当日にその時の先生がメインでやってくれればいいやと思うのですが、そういう事情を知らない人はもしかしたら不安に思うこともあるかもしれません。現に「なんで担当医があの先生じゃないんですか!?」と食って掛かる方もいるらしいですし(汗)。まぁ、その不安に思う気持ちはわかるんですけどね。

ちなみにこの日は診察無しとのことでした。手術前の診察については担当医の先生によって違うらしいのですが、私の場合はやらなくていいということになりました。まぁ…内診したところで「見えない」と言われるのがオチですからいいのかなと(苦笑)。

スポンサーリンク

お昼前頃に、看護師さんが再びやってきました。「剃毛」処置「臍」の掃除です(苦笑)。これも入院前からちょっと憂鬱だったんですが、やらないと正確な手術をすることができないらしいので仕方がない。

術前の診察がなくて「あの椅子」に座らなくて済んだとホッとしたのも束の間w、結局この処置のために乗る羽目になりました(苦笑)。病院によっては手術台のようなところに乗って処置するところもあるらしいのですが、私が入院した病院では「あの椅子」に乗ってということになってました(苦笑)。

体験談を読むと軽く剃る…みたいなことを書いてあるものもあったので”ちょっとの間の我慢”と甘く見ていたのですが、そうではなかったw。かなーり念入りに細かい部分まで”一掃”されることにww。この時の感覚が…恥ずかしいというよりも…

超くすぐったいwww!!!

まるで「くすぐられの刑」に処せられてる気分だった(汗)。思わず笑い声が出そうになるのを唇をかみしめたり手に爪を立てたりして必死に我慢。これが予想以上に苦痛でございました(苦笑)。羞恥心どころじゃなかったww。

お臍の部分はオリーブオイルを塗られて何かでごそごそいじられてる感じ。痛くはないんだけど、妙な違和感が全身を襲い「早く終わってくれ…」と思ってしまった(苦笑)。終わった後もしばらくお臍部分はジンジンしてて、夕方くらいには気になるくらいの違和感が襲ってきた(汗)。けっこう奥の方まで”掃除”されたんかなと。

時間は見てなかったけど、この2つの「処置」でだいたい10分ちょいだったかなぁ。個人的には「臍」よりも「剃り」の”くすぐったさ”の我慢がハードでした(苦笑)。人によって感じ方は違うと思いますが、これから手術を控えた方の参考になれば。

スポンサーリンク

病室に戻ってから10分ほどした頃に昼食が運ばれてきました。

オムレツカボチャのサラダ煮豆青菜のお浸し。昼はデザート無し。

以前栄養士さんから「芋やカボチャは食べないように」ときつく言われて避けてきたのですが(苦笑)病院食で食べられて嬉しかったw。
ただ、ご飯がちょっと辛い。野菜から食べる習慣を心がけているので、どうしてもご飯だけが最後に残ってしまう。120グラム(これでも少な目設定らしいのですが、普段食べてる量より多い)をご飯だけだとどうしても味気なく感じてしまうんですよね。

ということで、明日の手術日に来てくれるダンナに「ふりかけ」を持ってきてもらうようお願いしました。でも明日は絶食だし翌日はほとんど水のようなお粥の予定なので、使う機会はかなり少なくなりそう(苦笑)。

その後は何も予定がなく、ひたすらオリンピック中継見たりパソコン打ったりして過ごしました。カーリング女子・ロコソラーレの決勝戦、残念だったけど立派な銀メダルでした。この悔しさはまた4年後に晴らしてほしいなと思います。日本のカーリングレベルも彼女たちを筆頭にホント高くなりましたよね。

夕飯まではひたすら時間があったので、同じような手術を経験した方の体験記をネットサーフィンして読み漁ってしまいました(苦笑)。特に術後のことが気になってしまって、何も知らないよりかはある程度起こることを予想しておいた方が不安も和らぐかなと2時間くらい読み込んでしまった。
皆さん一様に体験していらっしゃるのは「熱」「吐き気」「腰痛」。あとは傷の具合に応じた「痛み」のようです。

たぶん私も同じことになるんだろうなと思いながら覚悟を決めようとしていたのですが…、かえって精神的にドーンと疲れがきて不安も感じぐったりしてしまった(汗)。ここで得た教訓は、ある程度の知識は入れておいた方がいいけれどあまり読みすぎるとかえって精神的負担が大きくなってしまうということ(苦笑)。個人差もあると思います。

ほどほどに知識を入れて、あとはもうその時々の不具合に身を任せるのがベストなのかもしれません。でも、いろいろと参考になることも多かったです。情報を公開してくださってる皆様には感謝です。

ちなみに、入院当日から下腹と胸のあたりがシクシクと痛み出すという症状が出てしまい違和感ありまくりでした。これは、生理前のいつものやつだと察しはつく(苦笑)。今月頭に月のものが終わったところなのに、もうすぐ目の前まできてたっぽいです。切るタイミングとしてはギリギリだったかも。

スポンサーリンク

そして、午後6時に手術前の食事がやってきました。

魚豆腐バーグカリフラワーと人参の酢の物里芋のみそ掛けヨーグルト。ご飯は150グラムになりましたが水分多めでした。

これにて、2日後まで絶食となります(汗)。水だけは翌朝の術前3時間くらいまでは飲んでOKということでした。

ということで、味わいながらいただきましたw。今は普通に完食できてるけど術後は食欲なくなるみたいなんだよなぁ。それを思うとけっこう憂鬱でした。

そして、憂鬱といえば「アレ」です。ついに、下剤を飲む時が来ました(苦笑)。マクロールという粉状のものを紙コップに入れてお湯と水で溶かします。粉の量はコップ3分の1くらいに積もるほどあった(汗)。
お昼頃に作って冷蔵庫に冷やしておくと飲みやすいとアドバイスされたのでその通りにしましたが、夕飯タイムがくるまでは気が重かったです(苦笑)。

以前大腸内視鏡の時に飲んだやつは量がハンパなくて味も濃く胃もたれを起こしまくりまして、それがかなりのトラウマ。ですが、覚悟したよりもすんなり飲み切ることができました。濃いめのレモン系スポーツドリンクみたいな感じ。でも、これをリットル単位で飲めと言われたらかなりキツいかもしれません(汗)。コップ1杯で済んでよかった。

問題は、いつその効果が表れるかということ。看護師さんに聞いてみると、個人差があるらしく…だいたい7-8時間後くらいが平均的と。まれに早い人で2時間ちょいというパターンもあるらしいのですが、私の場合はたぶん夜中のウトウトしたタイミングだろうなと予想してます(1時間15分が経過した時点でこれ書いてますw)。

この下剤で効果がない場合は翌朝浣腸が待っているらしいので、夜中でもなんでもとにかく効いてほしい(汗汗)。ちなみに術日当日に浣腸を打つ病院も多いようですね。私が入院した病院はそこまで腸を空にする必要はないとのことでした。それだけはホッとしてます(そのためには下剤には頑張ってもらわねばならないけど 汗)。

スポンサーリンク

翌日の手術開始時間は午前11時30分ということになりました。朝は9時頃に用意された手術着に着替えるように言われています。

そのほかに、術用下着血栓予防弾性ストッキング(エコノミー症候群を避けるために履くものらしい)、直前に被るキャップが用意されています。

術後のために着替え用のパジャマ、下着、生理用品も用意。子宮はなくなりますがしばらくは出血があるらしい…。

ダンナは手術の1時間前に病室まで来てくれることになってます(手術当日は付添人が1人以上必要だったので)。このために会社を休ませてしまうことになるのは申し訳なかった。

ということで、ここまでリアルタイムで入院生活レポを書いてきましたが(暇な時間が多かったのでw)、おそらく明日の当日と翌日はダウンしてパソコンに向かうこともできないと思うのでお休みします。無事に生還(というのは大げさですがw)した折に、手術当日のことやその後の嵐などについて報告したいと思います。

頑張ってきます~~!

タイトルとURLをコピーしました