香川県内のお花見スポット ~青海神社・朝日山森林公園~ 2019年4月

2019年の桜前線もいよいよ終盤を迎えた5月。少し時間が経ってしまいましたが、今年も香川県内のお花見スポットを尋ねてきたので、写真と共にご紹介します。写真はクリックすると大きくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

青海神社(煙ノ宮)・西行法師の道

保元の乱で後白河天皇との戦いに敗れた崇徳上皇は讃岐の地に流され、不遇の時を過ごされました。失意のまま世を去った崇徳上皇は白峯山で荼毘にふされましたが、その時の煙がこの地に漂ってきた後に一つの玉となったという伝説があります。
その玉を、崇徳上皇の御霊としてお祀りしているのが青海神社です。別名・煙の宮とも呼ばれています。

崇徳上皇については、2012年の大河ドラマ『平清盛』で井浦新さんが演じ大きな話題となりました。私はあの大河ドラマが本当に大好きでブルーレイまで購入してしまったほど。特に井浦さんの崇徳院には思い入れが深かったので、転勤で香川県に住むことが決まった時にはちょっとテンションが上がりましたw。

大きな入口の鳥居をくぐってから青海神社へ続く道の間に桜の木がたくさん植えられていました。

満開の桜の下でお花見する人もいましたが、そんなに多くはなかったので穴場スポットかもしれません。静かにのんびりお花見するには最適のスポットだと思います。

スポンサーリンク

さらにその先に進んでいくと「西行法師の道」に繋がっていきます。

崇徳上皇が亡くなった3年後、崇徳上皇と親しくしていた西行法師は白峯御陵を詣でています。大河ドラマでは藤木直人さんが西行法師を演じていましたね。
その時に辿ったとされる道がこのように整備されています。白峯凌までは約1.34キロ。途中からはかなりの坂があると思われます(汗)。

西行法師の道の途中までは見事な桜並木になっていて、景色もよくとても美しい光景でした。

道沿いには、西行法師や崇徳上皇の歌を刻んだ88基の歌碑と石灯籠が並んでます。全部で93基があるそう!体力のある方は御陵まで登って確認してみてください。

静かで人も多くないのでじっくりと桜を楽しめるスポットでした。かなりおススメです。また、桜の季節以外にも歴史を感じることができる場所でもあるので、興味のある方は是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

アクセス

スポンサーリンク

朝日山森林公園

三豊市にある朝日山森林公園は香川県内でも有数のお花見スポットということもあってか、かなりの人でにぎわっていました(都会ほどではないと思いますが)

ちなみに、三豊市はうどん県副知事でもある俳優の要潤さんの故郷でもあります。


高速道路を出た所にでっかい要さんの看板があってお出迎えしてくれるのでテンション上がりますw。

園内には約2000本の桜の木が植えてあるとのことで、花見のシーズンは圧倒的な景色が楽しめます。今回初めて訪れましたが、見応えある桜を楽しむことができました。

赤い小さな橋が情緒豊かな景色を演出しているのもGood!!

満開の桜並木は迫力があります!やっぱり桜っていいなと癒されました。

スポンサーリンク

さらに上に上がっていくと小さな神社がありました。そこからの光景が素晴らしかったです。

もう少し上がっていくと「麻口城」というお城のような建物があります。
このあたりにお城があったらしい…ということなのですが、本当に存在していたのかどうかはよく分からないらしい(汗)。一応展示品のようなものは1階にありました。
今は、お城というよりも「展望台」として利用されているようです。

お城の展望台からは、天気が良ければ瀬戸大橋を見ることができます。この日もちょっと霞んではいたものの遠くに確認することができました!

最後に、朝日山森林公園の桜をもう少し。

神社の側で飼われていたワンちゃんがとても可愛かった♪

アクセス

以上、2019年に訪れた香川県内の桜のお花見スポットでした。もしよろしければ今後の参考にしてみてください。