第2話の沖田徹 『トレース~科捜研の男~』

第2回目も15分拡大のスペシャルバージョンで放送。月9枠はけっこうこういうパターン多いような気がします。

それにしても、今回もかなーり重たい展開でした(汗)。ただ、ストーリー展開としては惹きこまれるものもあって、いつの間にか集中して見てしまうドラマなので、個人的にはこのまま頑張ってほしいと思います。

それに、見続けていれば虎ちゃんの出番も増えてくるかもしれないしね(笑)。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男~』第2話

2019年1月14日放送 フジテレビ系(香川はOHKにて放送)

サブタイトル:「15分拡大SP!血染めの折り鶴の秘密 DNAに隠された謎」

原作:古賀慶トレース 科捜研法医研究員の追想

出演者

真野礼二:錦戸 亮、沢口ノンナ:新木優子、相楽一臣:山崎樹範、水沢英里:岡崎紗絵、猪瀬祐人:矢本悠馬、沖田徹:加藤虎ノ介、沢口カンナ:山谷花純

海塚律子:小雪

市原 浩:遠山俊也、江波清志:篠井英介、壇浩輝:千原ジュニア

虎丸良平:船越英一郎

 

あらすじ・簡略的全体感想

科捜研の法医研究員・真野礼二(錦戸 亮)と沢口ノンナ(新木優子)は、捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)から東凛大学病院の外科医・真田和寿(名高達男)が殺害された事件に関連するDNAの照合鑑定を依頼される。

事件が起きたのは、真田の教授就任を祝うパーティーでのことだった。席を外したまま戻らなかった真田を探しに行った娘の有里(関めぐみ)が、控室のバルコニーから転落死している父親を発見したのだ。そのとき有里は、現場から逃走する男の姿を目撃していた。真田の首には刃物を突き付けられたような傷があり、男の逃走経路には血痕が残っていた。また、バルコニーの手すりには真田の靴の跡があった。これらの状況から、犯人は真田にナイフを突きつけたが抵抗されて傷を負い、バルコニーを乗り越えて逃げようとした真田を突き落としたのではないかと考えられた。警察は、防犯カメラの映像から被疑者の宮永 渉(篠原 篤)を拘束していた。現場から採取された血液と宮永のDNAが一致すれば事件は解決だと意気込む虎丸。しかし、照合の結果は不一致だった。

虎丸は、捜査一課長の江波清志(篠井英介)から、1週間以内に犯人を逮捕できなければ班を解散させる、と叱責されるが、それでも犯人は宮永だと主張。真野やノンナらを連れて事件現場のレストランを徹底的に調べ直す。だが、仕事へのプレッシャーから眠れない日々を過ごしていたノンナがふいに意識を失って倒れてしまい…。

 

スポンサーリンク

今週も、船越さん演じる虎丸刑事が大暴れ状態(笑)。原作を読んでいる人からすると、かなりキャラ違いらしいので・・・拒絶反応されても仕方ないのかなぁとは思います。

まぁ、他の登場人物が比較的落ち着いたテンションだったりするので(小雪さんとか)余計に浮いてしまうんですが(汗)・・・個人的にはあの昭和の古いタイプみたいな刑事像、そんなに嫌いじゃないw。なにげに少数派だと思うけど、逆に新鮮って思っちゃってww。

もうここまできたら、血管切れるまでやりきっていただきたいかも(笑)

個人的には、ちょっと頼りない矢本くん演じる猪瀬刑事が可愛くて癒されてます。船越パワーに飲まれそうになりながらも頑張れっ!

しっかし、篠井さん演じる一課の課長さんは・・・まぁ、ほんと、腹立ちますねぇ(笑)。いつか虎丸さんに蹴飛ばされるんじゃないかとヒヤヒヤしちゃうよwww。

それにしても・・・今回の事件も本当に、顛末があまりにも惨い(涙)。もしも自分の立場だったら、生きることへの罪悪感で潰されちゃうと思った・・・。誰か救いになるような人が傍に居てくれればいいんだけど・・・。

毎回こんな心がヒリヒリ刺されるように痛い事件が続くのかなぁ。ドラマは面白いんだけど何だか気持ちがしんどくなる。
そういえば、先週印象的な登場した千原ジュニアさんが出てこなかったな。なんか彼が出てくるとさらにヤバい展開になりそうで今からヒヤヒヤします(苦笑)。

あと、真野の嫌味が初回よりも薄らいだのでそこはよかったなと思ってます。あまりイライラしながら見たくないのでね。

 

スポンサーリンク

今週の、沖田徹くん

第2回の沖田さんは、活躍の場はほとんどないもののwセリフはけっこうあったのではないでしょうか。ストーリー始まってからかなり早い段階で登場してきたしね。

新人の沢口さんが慣れない作業にアタフタしているところで

「これ、鑑定お願いっ!!」

と容赦なく鑑定依頼ww。相当慌てている様子です。口がやっぱりアヒルになるね、虎ちゃんw。

続いて、事件の概要説明しにやってきた虎丸さんの御付としてw猪瀬君と一緒に登場する沖田さん。

虎丸さんの説明に真剣に耳を傾けてたのち、被害者の傷の具合を丁寧に説明。さらに・・・

事件の顛末について理路整然とした解説を披露。この時のドヤ顔がなんとも鑑識の人らしからぬちょっと悪人顔だったのがおもろかった(笑)。

で、犯人は決まりだね!ってけっこう余裕かましてたんだけど、真野たちの見立てでは虎丸たちが捕まえた犯人のDNAと一致しないことが判明してしまう。

この時のビックリ顔がなんか可愛かったぞ、虎ちゃんww。っていうか、横の矢本くんと並ぶとお父さんと息子みたいだったな(笑)。今後も要チェックな二人。

ちなみに、このあとも鑑識さんが出てくる場面あったけど・・・虎ちゃん@沖田氏の姿は見えなかったな(汗)。

出番的には短いけど、セリフもそれなりにあるしレギュラーとしてなかなかいい立ち位置にいるんじゃないかな。次回も楽しみにしてます。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村