第4話の沖田徹 『トレース~科捜研の男~』

第3回放送にも虎ちゃん演じる沖田監察官は登場していたのですが…冒頭オンリーの出番だったことと、あまりにも事件の内容が悲惨過ぎたので感想パスしてしまいました(汗)。

というか、本当にこのドラマはかなり事件内容がシビア…。心に重いものを残す感じなので、見ていてチョイチョイしんどくなるんですが、それでもまだ脱落していないのは・・・虎ちゃんレギュラーだからっていうのもあるんですけど、なぜかストーリーに見入ってしまうものがあるからなんですよね。

そういえば、ドラマ公式ブログには虎ちゃんがピックアップされてましたな。

こっちの方が出没率が高そうだww。ドラマの方にもぜひお願いしますよー!

 

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男~』第4話

2019年1月28日放送 フジテレビ系(香川はOHKにて放送)

サブタイトル:「飛び散った血と涙 命を懸けた最後の嘘」

原作:古賀慶トレース 科捜研法医研究員の追想

出演者

真野礼二:錦戸 亮、沢口ノンナ:新木優子、相楽一臣:山崎樹範、水沢英里:岡崎紗絵、猪瀬祐人:矢本悠馬、沖田徹:加藤虎ノ介、沢口カンナ:山谷花純

海塚律子:小雪

市原 浩:遠山俊也、江波清志:篠井英介、壇浩輝:千原ジュニア

虎丸良平:船越英一郎

 

あらすじ・簡略的全体感想

科捜研法医研究員の相楽(山崎樹範)の兄・浩司(やべきょうすけ)が遺体で発見される。発見場所は浩司のアパートで、第一発見者は、アパートの大家から浩司と連絡が取れないとの連絡を受けて訪れた相楽だった。
死因は、頸動脈を切られたことによる失血死で、凶器は部屋にあった包丁だった。また、室内は荒らされており、財布や預金通帳等がなくなっていた。真野(錦戸 亮)とノンナ(新木優子)は、臨場要請を受け現場に向かった。そこで虎丸(船越英一郎)は、遺体に首以外の傷がないことから、強盗に見せかけた顔見知りの犯行だと主張する。

真野たちの鑑定によれば、室内から被害者以外のDNA型は見つからなかった。だが真野は、収納ボックスの引き出し内に付着した一滴の飛沫血痕が気になっていた。虎丸が主張するように、犯人が浩司を殺してから強盗に見せかけて部屋を荒らしたのなら、引き出しの内側に血痕がつくはずはないからだ。

事情聴取で相楽は、浩司とは何年も会っていないと話す。浩司は嘘を並べて家族や友人から金を借りており、相楽自身も300万円ほど貸したままだという。アイツは殺されても仕方のない嘘つき野郎――相楽はそう言い放つ。

浩司は、金を借りた相手と金額を書き残していた。そのリストを元に犯人を絞り込もうとする虎丸たち。同じころ、浩司が3000万円の定期生命保険に入っており、今月で保険期間が終了することが判明する。虎丸たちは、受取人になっていた浩司の元妻・千尋(瑛蓮)に疑いの目を向けた。しかし、千尋が証言した通り、見つかったのは古い保険証券で、受取人は浩司の叔母に変更されており、その叔母も3年前に他界していた。

ノンナは、事情聴取から戻った相楽に、犯人が最初に部屋を荒らしていたことを報告する。だが相楽は、鑑定依頼もない作業をしている真野とノンナに苛立ち、余計なことはするなと怒りをぶつける。

そんな折、浩司の携帯電話履歴から、事件の3日前、相楽に何度も電話していたことが判明する。しかもその日、ふたりが会っていたこともわかり…。

公式HPより引用

スポンサーリンク

今回は科捜研メンバーの一人である相楽くんにスポットを当てたストーリーになっていました。

どちらかというとコミカルなキャラでテンションも高かった相楽くんでしたが、実はお兄さんの一件で心に深い闇を抱えていました…。あの明るさは、そんな背景を忘れるための彼なりの防衛意識が働いた故のものだったのかもしれないって思ったら、なんだかとても切なかった。

子供のころは優しく正義感溢れる頼れる兄だったのに、人生に挫折して落ちぶれてしまい弟から金の無心をしては遊び暮らすようになっていた浩司。相楽はそんな兄を軽蔑し、関わり合いになることを避け、自分はまっとうな道を歩こうと必死になっていたのです。

そんなある日、浩司がアパートの一室で死亡。状況から言って強盗殺人の疑いが深まる。

ここで、虎丸刑事の「勘」発言が出てくるわけですが、真野はそれに対して「気持ち悪い」と気だるそうに呟くわけで。第1回目はこれがきっかけになってめっちゃ険悪ムードになったんだったよな。あの言い方はたしかにカチンとくるしw。
で、今回もバトルが起こるのか!?と思っていたら・・・なんか虎丸さん、「それに見合う証拠を出してみろ」と柔らかなタッチに変化。最初の頃はあんなに頭に血を昇らせて怒り狂ってたのに、どうしちゃったのさww。

まぁ、これまでの付き合いの中で真野を認める部分が大きくなってきたからなのかもしれないけど、「血管切れるまでいっちゃえ」と思ってた私としてはちょっと寂しい(笑)。
でも、嫌いじゃないよ、船越さんが演じる虎丸刑事。少数派かもしれないけどねww。

で、事件の結末はというと・・・浩司は「自殺」だったと判明。

浩司は弟に多大なる迷惑をかけていたことを自覚していて、自分が重い病に冒されているにもかかわらずギリギリまで働いて今まで借りてきたお金を返そうとしてた。
その過程の中で「大麻」の存在も出てきて…相楽は兄が手をつけていたのではないかと疑って嫌悪していたけれど、実は病の痛み止めとして使っていたという事実も分かりました。

自分が死ぬことで、保険金を弟に残そうと考え自殺した浩司。そんな兄の心を見抜けなかった相楽は泣き崩れてしまいました(涙)。

明るいキャラだった相楽の切ない心情が泣けた第4話でした。山崎君の熱演がとても良かった!今回もたしかに重いストーリーだったけど、これまでよりかは救いがあって良かったかな。

真野への気持ちの変化も少し現れてきたしね。

それにしても、キーマンとして後々大きく出てきそうな壇がやたら不気味(汗)。千原ジュニアさんが怪演してるからなおさら怖いよ(苦笑)。

 

スポンサーリンク

今週の、沖田徹くん

え~、第4話も出番としては少ない方だったかと思います。とりあえず、前回よりも1つシーンが増えたことは良かったと捉えてますww。

まずはいつものように、事件現場に赴いて状況確認。最初の事件の流れを説明する役目というのが定着してきたように思います。

ちなみに、横にいる猪瀬刑事を演じる矢本くんは先日結婚を発表して大きな話題となりました。おめでとう!!

虎ちゃんは先輩パパとして何かアドバイスしてあげたりしてるのかなw。

 

もうワンシーン出てきたのが、古い保険証券が出てきたと駆け込んでくる場面。

虎丸刑事に重要な新情報を伝える大切なお役目でございました。

と、ここまでw。

出番は今のところかなり少ないのですが、今回は科捜研メンバーの相楽がピックアップされていたのでちょっと希望も出てきました。
原作にないキャラらしいし、今後なんかどんでん返し的な役割でピックアップされるとかあるかも!?「実はスパイだった」みたいなwww。いや、けっこう虎ちゃんってそういうパターンになること多いから(笑)。

でも個人的には最後まで仲間でいてほしいけどね、沖田君には。

 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村