とちラブトークライブ ~表現者たち~ -3-

こちらの記事は その2 からの続きになります。

続いて話題は2016年の大河ドラマ『真田丸』のことについて移りました。

Amazon | 大河ドラマ 真田丸 16枚組DVDボックス 完全版 全4巻 全50話を収録 堺 雅人/大泉 洋/長澤まさみ/竹内結子日本のテレビシリーズ | CFLL | スポーツ&アウトドア
大河ドラマ 真田丸 16枚組DVDボックス 完全版 全4巻 全50話を収録 堺 雅人/大泉 洋/長澤まさみ/竹内結子日本のテレビシリーズがスポーツ&アウトドアストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

お互いに「栃木県出身」だと知ったのは、村上さんが撮影初日を迎えた時に栗原さんが話しかけたのがきっかけとのことです。たしか、その頃の村上さんは緊張してたからか無口だったことが多かったって以前どこかで聞いたことがあります。そんな村上さんに積極的に話しかけてくれた栗原さん、やっぱり気配りの人だなぁと改めて。

それ以降、仕事以外のプライベートでも接する機会が増えたそう。「仲良くさせていただいてます」とペタリと寄った栗原さんに「やめてくださいよぉ」と恥ずかしそうに照れ笑いする村上さんが可愛かったw。

スポンサーリンク

とちラブトークライブ 栗原英雄×村上新悟 ~表現者たち~ -3-

開催日時:2018年11月18日(日)15時45分~17時15分

場  所:栃木県壬生町 城址公園ホール・大ホール

出演者:栗原英雄村上新悟

司 会:磯野祐子アナウンサー(NHK宇都宮放送局)

栗原さんと三谷さん

大河ドラマ『真田丸』は栗原さんにとってテレビ初出演(ドラマも含めて)作品。当時50歳だったということで「驚かれた方も多いと思います」と磯野アナが振ると「同級生たちも”え~!?”ってビックリしてました」と栗原さん。周囲の反応はどうだったかと聞かれると「やはり大河ドラマということで大きかったですね」と。

大河とテレビドラマの違いを聞かれると、

「自分はテレビではオールドルーキーだけれども、やること自体は変わらないなと。役者はリアリティを以てそこで生きるというのを目標としてます。違うところは、劇場1000人の前で演じるのとカメラの前で演じることで、リアリティとしての塩梅を少し変えるところだと思います」

と回答。たしか、南魚沼イベントの時にも同じようなことを発言してましたね。

真田信伊については磯野アナも調べたそうなのですが「お二人とも声が素敵ですよねぇ」と振られると、すかさず栗さんが「村上君に比べれば声はねぇ…」と苦笑いw。これに慌てた村上さんが「そんなことないですよ!」と否定すると「そう?」と嬉しそうにニンマリする栗原さんなのでした(笑)。

栗原さんが大河ドラマに出演するきっかけになったのが、これまでも再三出てきてましたが・・・ミュージカル『タイタニック』を偶然三谷さんが観に来ていたことです。栗原さんはその当時面識はなかったとのことで、三谷さんが見に来ていたのは栗原さんの妻を演じていたシルビア・グラブさん(リアルには高嶋政宏さんの奥さん)だったと。
三谷さんがシルビアさんに「あの人テレビに興味あるかな?」と聞いたら即答で「あるって言ってたよ」と返ってきたことから話がとんとん拍子に進んだんですよね。このエピソード最初に聞いたときは本当に人生何が転がってるのか分からないものなんだなって思いました。

最初に大河ドラマが決まったと聞いたときには驚いたそうで、「最初の1話か2話くらいで死んじゃう役だろうな」程度にしか思ってなかったんだとか。このエピソード、磯野アナの方にというよりかは村上さんに向かって話してる感じだった栗さんが可愛かったなw。
で、役を聞いたら「草刈正雄さんの弟の役です」って言われてビックリ仰天したそうなww。そりゃ、最初ですぐいなくなるだろうって思ってた予想とはまるで違いますからさぞかしビビったでしょうねぇ(汗)。思わず「えーー!???」と声を上げちゃったくらいだったそうですよ。

この流れから、三谷さんが栗原さんについて書いたエッセイが紹介されました。これ、朝日新聞に三谷さんが連載しているやつなんですが、いつもはサラッとしか読んでなかったけどこの時は思わず目が留まりましたからね、私。記事に登場したのは2017年4月13日(我が地域ではその翌日朝刊)でした。

タイトルは「大丈夫、栗原英雄がいる」(エッセイナンバー844)。こちらのエッセイは現在書籍化されたシリーズ本の中にもおさめられています。

三谷幸喜のありふれた生活15 おいしい時間 | 三谷幸喜 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで三谷幸喜の三谷幸喜のありふれた生活15 おいしい時間。アマゾンならポイント還元本が多数。三谷幸喜作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また三谷幸喜のありふれた生活15 おいしい時間もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

自分で読んだときにも「栗原さん、三谷さんからの全幅の信頼を自らの力で勝ち取ったんだなぁ」と感動したものでしたが、磯野アナの朗読で改めてそのエッセイを聞いたとき、なんだかリアルな三谷さんの栗原さんへの感謝の気持ちが切々と伝わってきて思わず胸が熱くなってしまいました。

やっぱり、プロのアナウンサーが読むと同じ文章でも全く違う景色に見えるものですね。とても素敵な時間でした。

読まれている間、栗原さんも村上さんもほとんど微動だにせず聞き入っていたのが印象的です。村上さんは時々ちょっと感慨深そうに天井の方も見上げてたかな。

最後の「大丈夫、僕には栗原英雄がいる」という言葉を聞いた後、村上さんはマイクを机の上に置いて大きな拍手を送っていて、栗原さんは感動のあまり思わず涙ぐんでハンカチで目を覆っていました。
それを見た村上さんがすかさず自分の持っていた青いハンカチを栗さんの目元に持っていって拭いてあげるリアクション取っててww、すぐそれに気づいた栗さんが村上さんのハンカチで鼻をかもうとし出して(笑)必死に自分のハンカチを取り戻してた村上さんwww。めっちゃ感動的なところだったのに、二人のワチャワチャで思わず吹き出して爆笑してしまったよ(笑)。

村上さんとじゃれ合った後w、「本当にありがたいですね」としみじみと語る栗原さん。磯野アナも「運命の出会いでしたね」と感慨深そうにしていました。

「僕はいつも真摯に、自分を消して役になりきるという想いは変わらないですが、それを見ていてくれた人がいるというのが本当にありがたいです」

と噛みしめるように語っていた栗原さん。「真田丸に出会って、そこから皆さんにも出会えて、今ここに座ることができていることには感謝しかないです」と語っていた言葉がすごく思いがこもってて感動的でした。
ここで再び村上さんが栗原さんの目元に自分のハンカチを当ててあげる行動に出てww、今度こそ鼻をかんでやるという勢いで青ハンカチを離そうとしない栗さんの攻防戦が勃発(笑)。も~~、ほんっと、仲良し兄弟www。

スポンサーリンク

村上さんと三谷さん

一方、直江兼続役として『真田丸』に出演した村上さん。この役が決まった経緯について質問がありました。
このエピソードもチョイチョイでてくるんですが、今回はちょっと聞いたことがなかった話も出てきてけっこう興味深かったです。

栗原さんと違って、以前から三谷さんとは面識があったという村上さん。映画『清州会議』WOWOWドラマ『大空港』にも出演してご縁がありましたからね。
で、40歳で役者として勝負を賭けようと無名塾をやめた時に三谷さんにそれを報告していたんだそうです。「何かあったらよろしくお願いします」とアピールしたところ、三谷さんから「今ちょっと考えている役があるから待っていてほしい」という返事が返ってきたと。決まるか決まらないかは定かではなかったものの、頭の隅に入れていたある日・・・事務所から「直江兼続が決まりました」と連絡が入ったそうな。

村上さんが直接三谷さんに「何かあればよろしく」とアピールしていたというエピソードは今回初めて聞いたので「おお!」と思いました。やっぱりそういう行動力って大事なんですね。村上さんの役者に賭ける勝負の本気度が伺えるエピソードでもありました。

村上さん的には「もらえるかもと思っていた役が直江兼続という大物だとは思ってもいなかったのですごいプレッシャーを感じた」とのことでしたが、

「三谷さんがそう言ってくださるなら、自分にもできるんだって強く思い聞かせて挑みました」

と語っていたのも印象的でした。と、このあと今度は栗原さんが自分のハンカチを村上さんに当てる一幕があって笑ってしまったww。「今泣くところじゃないんですけどねぇ」と苦笑いしながらツッコミ入れてたシンゴムラカミ(笑)。で、自分もウルウルしなきゃいけないかなって思ったのか

「三谷さんがさっき栗原さんに素晴らしい文章を書いてましたけど、いつの日か僕もそんな役者になりたいなって思って…(泣きマネwwww)

と、最後クサイ芝居をしながら青ハンカチで涙をぬぐう仕草をしたシンゴムラカミ(笑)に栗さんがそれを無理やり奪って鼻をかもうとするという3度目の攻防戦が繰り広げられて会場大爆笑でしたwww。何やってんだか、ホントにも-(笑)。

三谷さんについて栗原さんが最後に付け加えていたのが「義理堅い人なんですよ」ってことでした。これには村上さんも同調。そして「非常に照れ屋」と。三谷さんがかなりの照れ屋さんっていうのは私も分かる気がします。作品にもその性格が表れることありますしね。

スポンサーリンク

『風雲児たち』エピソード

2018年の正月時代劇『風雲児』で再び共演する機会が巡ってきた村上さんと栗原さん。

Amazon | 風雲児たち 蘭学革命(れぼりゅうし)篇 [Blu-ray] -TVドラマ
片岡愛之助, 新納慎也, 村上新悟, 迫田孝也, 山本耕史, 草刈正雄 海外TVドラマ、日本のTVドラマのDVD・Blu-rayをオンライン通販アマゾンで予約・購入。

その時の感想を聞かれた村上さんは

「真田丸の時は絡んでる役者さんがほとんどいなかったんですよ。遠藤さんと二人が多くて」

と苦笑いww。これたしかファンミの時にも言ってたな(笑)。すると被せるように栗原さんが

「上杉は大大名のはずなのに2人しかいないっていうねw!!北条も4人だったぜ!!」

とツッコミ入れてきて大爆笑(笑)。これに対して村上さんが「財政がお互い厳しかったんですよw」とまとめてましたwww。なんか妙に説得力ある答えだったなw。そんなわけで、『風雲児たち』では共演した人は多かったのに「初めましてな人ばかりでした」と村上さん。これ、たしかファンミでも言ってたなw。

それに対して「そうだったの」と栗原さんが驚くと

「愛之助さんも、新納くんも…(ほぼ初めまして)、あ、迫ちゃん(迫田さん)は置いといて!」

と一人だけ外しにかかる村上さんwww。すると二人とも2年前に迫田さんがとちラブイベントに特別ゲストで急にやってきたことを思い出したのか

「今日、来てないですよね!??」

と周りをキョロキョロしだして警戒モードに(笑)。「来てたら入れないようにしましょうか」と栗さんと相談しだす村上さんに笑ってしまったww。仲がいいんだね~~本当に(笑)。それに対して「入れないようにしよう」とニヤリと同調してた栗原さんにも笑ったww。

話は『風雲児たち』にまた戻って。栗原さんは

「演出の方が真田丸のメンバーをそろえてくださっていたのでまとまりやすかったし、絡んでなくても同じ空気感でいられたというのがすごく嬉しかったですし、ありがたかったです」

と撮影当時を懐かしそうに振り返っていました。

スポンサーリンク

栗原さんのプライベート -乗馬-

続いては、それぞれのプライベートについてのテーマということで。まずは栗原さん。

栗原さんといえば、度々SNSにも登場してくる乗馬ですよね。スクリーンには青空の下小淵沢の乗馬クラブで馬にまたがる栗原さんの写真が写しだされました。

会場からは「おおーーー!」という感嘆の声が沸き起こり、磯野アナも「皮ジャンがカッコいいですね!」と大絶賛。栗原さんが乗馬を始めたきっかけは『真田丸』の撮影だったとのことですが、今ではすっかりハマってプライベートでも時間があれば乗りに行っているそうです。

ちなみに、写真に写っていた馬は『真田丸』で堺雅人さんが乗っていた子とのことです。スピンって名前だったかな。

するとこの写真を見た村上さんが「ベストとヘルメットは付けなくても大丈夫なんですか?」と唐突に質問ww。すると「ウェスタンスタイルは良いんですよ」と言いつつ「ホントかどうかわからないけど」とあいまいな返事をする栗さんww。「とりあえずスルーしてくれる?」ってことで村上さんも笑いながら受け入れてました(笑)。

乗馬ができるこの場所は北杜市ということで、栗原さん、すかさず

「私、北杜市の親善大使をやっております!それから壬生町のふるさと大使もやっております!」

と猛アピール(笑)。立ち上がって客席に向かって頭を下げて挨拶してて、大きな拍手が沸き起こりました。

スポンサーリンク

村上さんのプライベート -船舶免許と弓道-

続いて村上さんのプライベートってことで、出てきたのがSNSでも登場してきた小型船を颯爽と運転している写真でした(8月のFB記事に上がってますが、貼り付けは控えます)。これを見た瞬間栗さんが「プライベートで船乗ってんの!?」とビックリ(笑)。そんな栗さんに「ちゃんとベストも着てますよ」とドヤ顔して見せるシンゴムラカミに吹いたwww。自慢ポイントがそこかwww。

「免許持ってるんですか!?」と驚く磯野アナに「一級小型船舶免許持ってますよ」と涼しい顔で応える村上さん(笑)。たしか、免許取ったってSNSで村上さんから報告があったのが3月頃だったかな。正直びっくりしましたw。しかも独学で一級試験受かってますからね。村上さんってホントに頭が良いんだなと驚いた記憶があります。

で、なぜ船舶免許を!?と質問されると…村上さんが答える前に栗原さんが「ビッグになるために!」と挟んできてw村上さんも乗っかって「そうです!!」とドヤ顔(笑)。「アメリカに行くためだよね」とさらに栗さんがふっかけると…

「これ、真面目にアメリカまで行けますからね!」

と超ドヤ顔をするシンゴムラカミwww。いやいや、小型でアメリカまでは相当大変だと思うけどww?
と、まぁ、ここまで来たところで軌道修正しなきゃってことで「違いますよ!」と本当の理由を語り出す村上さん。

ファンミでも語っていた理由でしたが、つまるところ、年末に一緒に飲んでいたNHKの親しい人と「船が欲しいよね」”ビッグな夢”wwを語り合っていたら、年が明けたらその人が本気で船舶免許の学校に通い始めていて、ビックリして自分も負けられないと独学で勉強を始めたんだっていうことです。軽い気持ちで語り合ったことが本当になっちゃったと(笑)。

でも、3か月の独学で一級船舶免許取れてしまったっていうのは本当にすごいと思いますよ。
栗原さんと磯野さんも感心することしきり。「やればできるもんだね!」と栗さんに振られると「やればできる子なんです」とそのままドヤ顔で返してたのが笑えましたww。

さらにもう一つ習い事始めてるんですよね、と磯野アナに振られて答えようとしたら、またまた栗さんが横から

「から揚げ!?」

とツッコミ入れてきて「違います違います!!」と慌てて否定する村上さんwww。「それ特技ですからww」って返しに爆笑してしまった(笑)。そもそも唐揚げが習い事っていう発想自体が笑えるwww。
ここで爆笑が起こったところで、磯野アナが補足として「村上さんは特技が唐揚げなんですよね」と説明してたのもウケました(笑)。

気を取り直してw、最近始めたものというのが「弓道」。これはまだあまり広くは知られていないようで、会場からは「おおーー」と感嘆の声が漏れていました。磯野さんも「似合いそうですよね!」とテンション高めww。
で、なぜ始めたのかと聞かれるとちょっと考え込んで…

「俳優業は仕事が決まるか決まらないかってことがあって、精神的に不安定になることもあるんです。なので自分と向き合う時間を作ろうと思って。敵は己で、前には的しかないので」

ときっかけを語る村上さん。精神の安定を図るためっていう意味もあって始めたんですね~。とても良い事だと思います。

「でも、全然的に当たらなくて自分を見つめるどころじゃないんですけどねww」

と自虐の笑いを浮かべてたのが面白かったけどww。でもたしかファンミの時に「検定の時にはド真ん中に奇跡的に命中した」って言ってたよなw。シンゴムラカミは本番だけは強いってことなんだろうか(笑)。

続きは次のページで。

タイトルとURLをコピーしました